セブンイレブンのサラダチキンが最強!ブームの火付け役は盤石だった

セブンイレブンの食品棚

こんにちは、ああてぃ(@Artycle_Blog)です。

皆さんはサラダチキンは好きですか?

そう、鶏むね肉をジューシーに加工したあれです。

おいしいですよね!

私も毎日とはいかないでも朝食に、晩酌のつまみにとしょっちゅう食べています。

今となってはどこのスーパーやコンビニでも見かけるサラダチキン。

低カロリーでタンパク質も高いことからダイエット食としてあっという間に世に広まった食品です。

そのブームの火付け役となったのがセブンイレブンが発売したサラダチキンです。

今回はその魅力についてお伝えします。

目次

ブームの火付け役、セブンイレブンの攻勢

以前からも鶏むね肉を工夫して調理して加工品として販路を見出したアマタケを筆頭に各メーカーが市場に参戦してきましたが、セブンイレブンをはじめ各コンビニがサラダチキンの人気に注目し開発・販売を開始しました。

ネットを通じて評判を呼びじわじわとさらなる注目を集めるようになりました。

中でもコンビニ業界で最初にセブンイレブンが発売したサラダチキンはダイエット食として女性を中心に爆発的に売り上げを伸ばし、一時期は販売が停止するほどの一大ブームを巻き起こしました。

その後は他のコンビニやスーパーでもどこでもサラダチキンを見かけるようになりましたが、私的にはセブンイレブンのサラダチキンと比べるとまだまだ味や食感はいまひとつな印象でした。

なんというか、セブンイレブンのサラダチキンを最初に食べてあまりの美味さに衝撃を受けたような感じだったので、それ以降も他のコンビニのものでは物足りなさを感じてしまったようです。

すっかり、私の中でセブンイレブンのサラダチキンがデフォルトになっていました

セブンイレブンのサラダチキンが最強

サラダチキンプレーン

ド定番のプレーンの安定感

その後もサラダチキンは普及を続け味を変え、味付けのバリエーションも分散化・高級化していき今ではすっかり家庭の食卓に欠かせない一品となりました。

また、料理のレシピにもみなさんがいろんなアレンジを考え、メインとしても脇役としても存在感のある具材になりました。

このプレーンを基にさまざまな味付けが生まれました。

とはいえ、いろんな味付けのサラダチキンがラインナップとして出揃った今もってなお、プレーンは最も用途が汎用的で飽きがこない定番中の定番です

そういえば、ポテトチップスのうすしおやカップヌードルのオリジナルしょうゆが定番で飽きがこないし、他の味に浮気してもまたここに帰ってくる(笑)食べる頻度が多くなるのも同じ理屈ですよね!

食べ方も実にシンプルに封を切ってそのままかぶりつくもよし、軽く火を通して調理するもよし。お酒のあてにも最高にマッチします。

あーてぃ
ああてぃ

私の今のお気に入りの食べ方は、サンドイッチの具材として食べることです!

オススメレシピ!
同じくセブンイレブンで販売している「金の食パン」を使って、サンドウィッチでサラダチキンをはさんで食べたらコレが超美味い❗写真は白身フライとのコラボです。サラダチキンと白身フライのサンドウィッチ
セブンプレミアムゴールド 金の食パン厚切り 4枚入
金の食パン

レンタル料金無料、送料無料!「コスモウォーター」のウォーターサーバー

いつでもどこでも手に入る

そして、このサラダチキン、セブンイレブンのものこそ最強であると言いたいです。

今はどこのスーパーやコンビニを探してもかんたんに購入できたりしますが、何せコンビニで最初に販売したのがセブンイレブンですし、日本全国で最大の店舗数を展開しているコンビニはセブンイレブンです。

この味を最も身近で買えるのがセブンイレブンなんです。

まさに、セブンイレブンのサラダチキンが最強といっていいでしょう。

セブンイレブン店舗ミニチュア

片手で手軽に食べられるサラダチキン

食べないでやせるダイエットなんていらない❗食べてやせる❗❗温めるだけ❗一週間分のお試しセットのお申し込みはこちら


セブンイレブンの食品棚

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いたのは

ようこそ、ああてぃくるへ!

本ブログを運営しているああてぃです。

基本、倹約家ですがその反面物欲旺盛な一面をもっています。

限られた資金でいかに節約しつつ欲しい物を購入するか苦悶しながらも楽しんでいます。

そして、心と身体の健やかな生活も目指しており、
このブログで「生活向上」をテーマに節約術や習慣にしているジョギングやトレーニング、身体にやさしい食べ物など私が興味を持ったものにまつわる情報を中心に自分目線から綴っていきます。

私の思いが少しでもみなさんと共有できれば嬉しいです。

どうぞご贔屓に!

目次
閉じる